サッカー小僧

Jリーグを中心に試合結果や
海外リーグの情報も発信していきます!

    カテゴリ:サッカー > トルコ・スーパーリーグ


    長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。トルコスュペル・リグ・ガラタサライ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。日本代表。 2011年から2018年までイタリアの名門クラブで
    84キロバイト (9,625 語) - 2020年2月1日 (土) 22:53



    (出典 www.football-zone.net)


    移籍の可能性がかなり高くなるだろう!

    1 Egg ★ :2020/02/05(水) 09:12:41 ID:wDy0zBGr9.net

    日本代表DF長友佑都が今冬以降のガラタサライでプレーする可能性が消滅した。

    2018年1月にインテルから加入して以降、スュペル・リグ2連覇に貢献するなど、今シーズンの前半戦も主力として公式戦24試合2得点を記録した長友だが、2020年に入り、メンバー外が続くなど出場機会が激減。リーグ後半戦で6位からの巻き返しを狙うガラタサライがチームの再編成に動いた今冬、放出候補入りしたが、デッドラインデイまでに新天地が決まらなかった。

    その今冬の移籍市場閉幕を受けて、トルコサッカー連盟が4日、各チームの登録メンバーリストを開示。RBライプツィヒからレンタル加入したウルグアイ代表DFマルセロ・サラッキがメンバー入りした一方で、欧州内での移籍が成立せず、新たにJリーグ復帰説も浮上している長友の名前は含まれていなかった。

    これにより、長友は今シーズン終了までガラタサライにとどまる場合、氷漬けの日々を送ることに。Jリーグは3月末まで開かれている状況だが、果たして…。

    2/5(水) 8:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00369617-usoccer-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】ガラタサライDF長友、後半戦の登録メンバーに含まれず…。】の続きを読む


    長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。トルコスュペル・リグ・ガラタサライ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。日本代表。 2011年から2018年までイタリアの名門クラブで
    84キロバイト (9,625 語) - 2020年2月6日 (木) 01:02



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    正確な報道が気になる!!

    1 Egg ★ :2020/02/06(Thu) 09:07:42 ID:y7FbRZSd9.net

    ガラタサライ所属の日本代表DF長友佑都がツイッターを更新し、自身にまつわる一連の報道に対して苦言を呈した

     33歳のダイナモは「移籍期間から自分のいろんなニュース飛び交ってるけど、自分でも知らないニュースばかり。笑」と冗談交じりに綴り、「話題にしてもらえるのはありがたいけど、もうちょっと正しい情報出してくださいな」と注文をつけた。

     今冬の移籍市場で、ガラタサライから冨安健洋を擁するセリエA・ボローニャへの移籍が有力視されていた長友だが、EU圏外枠のハードルもあって交渉は破談に終わった。これを受けてガラタサライは長友をシーズン後半戦のメンバー登録から除外したことが明らかとなり、公式戦出場の機会が消滅。トルコ地元紙『Hurriyet』など複数のメディアが、「長友は受け取るはずの報酬100万ユーロ(約1億2000万円)を辞退する旨をクラブ側に伝えた」と報じた。理由は「練習するだけで報酬はもらえない」などで、日本でも大々的に伝えられ、FC東京への復帰が現実味を帯びてきたとする向きが強くなっている。

     長友は具体的にどのトピックが不正確なものなのかは指し示していない。最後は「まぁどちらにせよ長友佑都は不死身なので、どんな状況でもぶっ飛ばしますよ! 自分の真骨頂みせます!!」と、いかにも彼らしいポジティブなコメントを付け加えている。

     はたしてJリーグ復帰という急転直下の展開はあるのか。今後数日の動向が注視される。

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2/6(木) 8:51配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200206-00069452-sdigestw-socc


    【長友、自身の移籍報道に「知らないニュースばかり」】の続きを読む


    長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。トルコスュペル・リグ・ガラタサライ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。日本代表。 2011年から2018年までイタリアの名門クラブで
    84キロバイト (9,625 語) - 2020年2月6日 (木) 01:02



    (出典 f.image.geki.jp)


    長友らしい発想だ!!
    新天地が早期に決まる事を願う!!

    1 名無し募集中。。。 :2020/02/06(Thu) 15:09:23 ID:0.net

    トルコ1部のガラタサライで登録メンバー外となった日本代表DF長友佑都は、今後の半年分の給料に相当する100万ユーロ(約1億2100万円)を受け取らないことをクラブに伝えたという。
    『ヒュリイェット』などトルコ複数メディアが5日に伝えた。

     長友は冬の移籍市場でのガラタサライ退団が確実視され、イタリアのボローニャへの移籍が合意したとも報じられていたが、移籍市場が閉じる1月末までに新たなクラブは決まらず。
    所属する外国人選手が規定の登録人数を上回っていたガラタサライは、シーズン後半戦の登録メンバーから長友を外すことを決定した。

    ガラタサライとの契約を今季終了まで残している長友は、公式戦に出場できなくとも給料を受け取る権利はあるが、100万ユーロの報酬を放棄する意志をクラブに伝えたという。
    トルコメディアでは「驚きの決断」「誰もが驚く行動」と報じている。

    「これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。
    練習に参加するだけで、受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない」と長友はクラブに申し出たとのことだ。

     ガラタサライでこれまで2年間プレーしてきた長友はクラブへの感謝の思いを表し、自身にとって「もうひとつの家のようなもの」だとした上で、
    「心配はいらない、すぐにクラブを見つけてできるだけ早く出て行く」との見通しを示したとされている。

     すでに冬の移籍市場が閉じた欧州の他クラブへ移籍することは不可能だが、長友はJリーグに復帰する可能性も噂されている。
    「長友は日本でクラブを探しており、FC東京と接触している。おそらくこのクラブとサインするだろう」とトルコ紙は古巣復帰を予想している。


    【登録メンバー外の長友、給料1億2000万円を放棄「受け取る資格はない」】の続きを読む


    ガラタサライのFWファルカオ、移籍の可能性高まる…アル・ヒラルが破格の年俸でオファー

    …ルカ』が6日に報じている。 アトレティコ・マドリードやモナコで活躍したファルカオは、昨夏にガラタサライに加入したばかりだが、今シーズン終了後にはまた新…
    (出典:サッカー(SOCCER KING))


    ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテ(Radamel Falcao García Zárate, 1986年2月10日 - )は、コロンビア・サンタ・マルタ出身のサッカー選手。スュペル・リグ・ガラタサライ所属。コロンビア代表。ポジションはフォワード。 UEFAヨーロッパリーグで2度の得点王に輝き
    47キロバイト (4,343 語) - 2020年1月9日 (木) 15:51



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    まずはチームに復帰して1つ結果を残すのが先だろう!!

    【ガラタサライFWファルカオの移籍の可能性高まる!!アル・ヒラルが破格年俸でオファー!!】の続きを読む


    ポーランド南部のシロンスク県グリヴィツェでサッカー選手の父・ヴァルデマール・ポドルスキ(ドイツ語版)と、ハンドボール選手の母・クリスティナ・ポドルスカ(ドイツ語版)との間に生まれた。ヴァルデマールは1970年代から1980年代初頭にかけてグリヴィツェのクラブでプ
    105キロバイト (11,267 語) - 2020年1月25日 (土) 07:43



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    ピッチ上でも虜にする事は出来るか!?

    22 名無しさん@恐縮です :2020/01/24(金) 06:29:01 ID:uyVw0h010.net

    まさかここからステップアップするとはな


    【トルコ移籍のポドルスキに対して現地ファン歓喜「ようこそ、王よ」】の続きを読む

    このページのトップヘ