サッカー小僧

Jリーグを中心に試合結果や
海外リーグの情報も発信していきます!

    カテゴリ:サッカー > プレミアリーグ


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。日本代表。ポジションはフォワード。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団。
    34キロバイト (3,587 語) - 2020年3月19日 (木) 22:31



    (出典 f.image.geki.jp)


    後はプレーで結果を残したい!

    4 名無しに人種はない@実況OK :2020/03/04(水) 08:43:05.12 ID:rmBXl6WB0.net

    タクミくんうつむいちゃったな

    (出典 pbs.twimg.com)


    【リバプールDFアーノルド、南野の適応能力に舌を巻く「最も英語の上達が早いと思う」】の続きを読む


    武藤 嘉紀(むとう よしのり、1992年7月15日 - )は、東京都世田谷区出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ニューカッスル・ユナイテッドFC所属。日本代表。ポジションはMF、FW。慶應義塾大学経済学部卒業。 3歳でバディスポーツ幼児園に入園後、4歳でバディサッカークラブに入部し、本格的にサッカ
    52キロバイト (5,767 語) - 2020年3月16日 (月) 04:49



    (出典 www.football-zone.net)


    素晴らしいかけ声だ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/30(月) 08:35:25 ID:un1WNxM99.net

    武藤は自宅でトレーニングをしている動画とともにメッセージを投稿。「とても難しく大変な状況だけど、今できる全てのことは、明るい未来のため。悲観的にならず、家の中でできることを探そう! 読書、トレーニング、料理、家族との時間。なんでもいい。とにかく家にいてください。大事な人を失ってからでは遅い」と外出を控えるように呼びかけた。

    これにハノーファーのMF原口元気が反応して「素晴らしい」と返信。さらに、レアル・サラゴサのMF香川真司は、エアロバイクを漕ぐ武藤の姿が映された動画に反応して「10秒10秒6セット。2回かな?」と練習メニューを予想。武藤は「さすが!終わった後、立てなくなりました。笑」と返している。

    イギリスでは29日時点で1万9000人以上の新型コロナウイルス感染者が出ており、1000人以上が亡くなっている。23日から外出制限命令が出され、プレミアリーグは少なくとも4月30日までの中断が決定している。ニューカッスルは13日から練習場を閉鎖。選手たちは個別に組まれた練習プランを行っており、練習再開時に体重や体脂肪が増えた場合は罰金を科されるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-01051619-soccerk-socc
    3/30(月) 6:06配信


    【自宅待機を呼びかけるニューカッスル武藤「明るい未来のため」】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオ
    34キロバイト (3,571 語) - 2020年2月20日 (木) 15:56



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    コミュニケーションは大切だが、方言に慣れるには時間がかかりそうだ!!

    1 Egg ★ :2020/02/26(水) 20:24:12 ID:EIjB5V9s9.net

    アリソンも苦戦した“スカウス”

    リバプールへの電撃移籍からおよそ2か月。日本代表FWの南野拓実は、北英の地で着実に力を付けているようだ。

    【動画】指揮官も苦労した!? クロップのリバプール弁教室はこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=70228

    プレミアリーグを無敗で突き進み、29年ぶりのトップリーグタイトル獲得へ猛進するチームにあって出場機会は限られ、公式戦は4試合にしか出られていない南野。
    だが、ユルゲン・クロップ監督が、「タキ(南野の愛称)はあらゆることにトライしている。我々は自然なプレーをしてほしいと望んでいるよ。時間が必要だし、何も問題はない」と明言するなど、シーズン終盤にかけての活躍が期待されている。

    だが、そんなサムライ戦士がいまだ苦労していることがあるという。それは、リバプールの独特な“訛り”だ。

    「スカウス」と呼ばれるそれは、英語ではあるものの、イントネーションが大きく異なるため、苦労する人は少なくない。
    ブラジル人の守護神アリソンもその一人で、一昨年の夏にローマから移籍したばかりの頃には、「僕には難しい。方言で話す選手よりも、英語を母国語としない選手の英語の方が分かりやすい」と漏らしていた。

    南野もスカウスへの苦労を語っている。地元紙『Liverpool Echo』が掲載したリバプールの公式プログラム内で、こう明かしている。

    「最初はリバプールの方言を理解するのが大変だった。全く別の言語だと思ったぐらい!今も本当には理解しきれていないし、まだどのフレーズも覚えられていない」

    他にもチーム内には、ジョーダン・ヘンダーソンのマッケナム、ジェームズ・ミルナーのヨークシャー、ジョー・ゴメスのコックニーなど、様々な地方の“訛り”が存在する。
    5年間滞在したオーストリアから移り住み始めたばかりとはいえ、南野が苦労するのも無理はない。

    それでもかつてザルツブルクでプレーしたサディオ・マネ、ナビ・ケイタらドイツ語が堪能なチームメイトの助けもあり、「街、食べ物、チームメイトにもかなり慣れてきた。
    だから、今はかなりリラックスしている」という南野。独特すぎる訛りにも、じきに慣れてくるはずだ。

    2/26(水) 17:59配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00010007-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【南野拓実、"リバプール弁"に苦戦!「別の言語だと思った」】の続きを読む


    フェラントーレス・ガルシア(Ferrán Torres García, 2000年2月29日 - )は、スペイン・バレンシア県フォイオス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・バレンシアCF所属。ポジションはミッドフィールダー。 2006年、6歳の時にバレンシアCFのユースチームに入団すると
    4キロバイト (321 語) - 2020年1月14日 (火) 12:53



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    果たして本人の意向は!?

    1 伝説の田中c ★ :2020/03/29(日) 22:27:02 ID:bMI2CtKC9.net

     リバプールがバレンシアに所属するU-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)の獲得に熱心だという。英『デイリー・エクスプレス』が伝えている。

     バレンシア下部組織育ちのトーレスは、2017年11月にトップデビュー。キック精度の高さ、スピードをいかしたドリブル突破を武器に、今季はここまで公式戦35試合で6ゴール7アシストを記録している。

     トーレスを巡ってはレアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・シティ、ユベントスなど多くのクラブが注目しているが、リバプールも数年前から動向を追っており、激しい争奪戦が予想されている。

     バレンシアとトーレスとの契約は2021年まで。契約解除条項は9000万ユーロ(約108億1700万円)に設定されているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-43479253-gekisaka-socc


    【リバプールがバレンシアFWトーレス獲得に関心!バルサやレアルと争奪戦か!?】の続きを読む


    イルカイ・ギュンドアン(İlkay Gündoğan、1990年10月24日 - )は、ドイツ・ゲルゼンキルヒェン出身のトルコ系ドイツ人サッカー選手。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFCに所属し、ドイツ代表にも選出されている。ポジションはミッドフィールダー。「ギュンドガン」と表記されることもある。
    14キロバイト (897 語) - 2020年3月21日 (土) 04:20



    (出典 www.football-zone.net)


    最終決定には時間がかかるだろう!

    1 Egg ★ :2020/03/30(月) 19:31:39 ID:pOqHK67h9.net

    バプールの優勝認定問題に意見したギュンドアン。(C)Getty Images
     プレミアリーグは現在、新型コロナウイルス感染の影響で、4月30日までの中断を強いられている。現状では再開の目処が立たず、さらなる延期が確実視されている。
     
     リーグは6、7月にずれこんででも今シーズンを完結させたい意向だが、そうなると来シーズンにも影響が出るため、いっそのこと中止にしてしまったほうが良い、という意見もある。
     
     もしシーズンを中止した場合に議論となるのが、2位のマンチェスター・シティに25ポイントの差を付け、30年ぶりのトップリーグ制覇まであと2勝に迫っているリバプールの優勝を認めるか、という点だ。戴冠を容認すれば、欧州カップ戦の出場権や降格も中断前の順位で確定することになり、不満が上がるのは必至だからだ。
     
     そんななか、覇権を争うライバルであるリバプールの戴冠認定を後押しした選手がいる。マンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンだ。
     
     英公共放送『BBC』によると、ドイツの放送局『ZDF』の取材で「シーズンが打ち切りになった場合、リバプールにトロフィーを与えるべきか」と尋ねられたドイツ代表MFは、「そうだね、僕はOKだ」と返答。「スポーツマンとしてフェアでなければならない」とコメントしたという。
     
     ただ、そうなれば、降格圏にいるにとっては納得のいかない結果となるため、決定が困難であることも認めている。
     
    「さまざまな意見がある。満足なシーズンを送ってきたクラブにとっては、いま無効となれば明らかに良くないだろう。一方で、うまくいかずに降格圏にいるクラブは、願ったり叶ったりだ」
     
     ライバルチームの選手が発したこの発言は物議を醸し、「真のスポーツマンだ」「素晴らしい」「品格がある」と賛辞が寄せられた一方で、“白旗宣言”とも受け取られかねないコこともなり、「愚かな男だ」「何の解決にもなっていない」といった批判の声もあがっている。
     
     ドルトムント時代の恩師であるリバプールのユルゲン・クロップ監督への配慮も少なからずあったのか……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00071268-sdigestw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【まさかのライバル擁護!?マンCギュンドアン「スポーツマンとしてフェアでなければならない」】の続きを読む

    このページのトップヘ